読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S

広い心

今月から、

ま~た買うCDが増えました!!ディア♡ヴォーカリスト3期おめでとう!

 5月以降に購入予定のCDが本当に少なくて「これは持ってるものを聴きもする前にCD厨卒業か?」と思われましたがそんなことなかったです。

 「THANATOS NiGHT」は4月で終わったから5月以降で走ってるのは「RUNLIMIT」「恋色始標」の2つ、後はS+hとFrepのCDぐらいだったので本当に卒業の勢いだったのですがRejetとオトメイトレコードが新しい作品を発表(?)したので大丈夫で~す!これからも頑張りま~す!!

 

Rejetレーベル

 

「THANATOS NiGHT Re:Vival」
 ちょっと前に決定していましたが。これ一作目もちゃんと聴いてないんですけど歌はかっこいいのでとりあえず買います。ステラだと各巻でもCDついてくるし連動してもCDついてくるのでステラかな~

「ディア♡ヴォーカリスト Wired」
 当たり前に買います。何故かメンバー入れ替わったことは深く追及しないほうがいいんだと思います。とりあえずアニメイトとステラとキャラアニは全巻購入、リジェショは推しのみ、ここまではすんなり決まったんですが問題はタワレコアニメイト渋谷店、なんだあれ
 まずタワレコですがあれはタワレコで2周しろと?いつものタワレコで買うとBがついてくるのでAがついてくるところでもう一枚買えってことですよね~悩むのが推し以外ですな~別に買わなくてもいいのですが4期のこと考えると購入した方がいいですよね。
 次にアニメイト渋谷店ですがこれ私未だに理解出来てません。全3種とは?レオードのコメント入りブロマイドが3種類あるの?怒るよ?

「Corpse✝Heart」

 新作!これも歌!ネスが気になるので買います。と思って店舗特典見ましたがアニメイト独占販売わーい!!!!!!ありがとう!!!!!連動します!!!!

「終極のDOLLS

 買うか買わないかめちゃめちゃ悩んでます。絵が好きなんじゃ~この人がRejetレーベルに関わると思わなかった・・後人形系ってのもあってストーリー気になる・・特にキャラ紹介から推しが見当たらないので悩みに悩んでます、余裕があったら買おうかな、買うなら連動CDのアニメイトかステラの小冊子&SSペーパー

以上、ゲームは買いません。

 

オトメイトレコード

 

 こっちのレーベルはまだ詳細は発表されていないのですがキーワードだけ出ましたね~!正直「終極のDOLLS」を買うかどうかはこのレーベル次第みたいなとこあります。

①派遣
 少しツイートもありますがこれは大丈夫かな~と(大丈夫と予想するものは8割大丈夫じゃない)というか派遣ってなんだ?派遣社員になるの?派遣社員に恋するの?なんだかんだ楽しみではあります。

②百年に一度の刻
 普通に楽しみ!ちょろいのでたぶん買います。感動する系だといいな~!6/9発表って待ち遠しいな~一気に発表すればいいのに

③ひとつ屋根の下
 これが一番楽しみです。ちょろいので絶対買います。7/10まで待てとかなんの拷問~~~?!?!?!一緒に暮らしてなくてもいいんですがとにかく誰よりも距離は近いのに近いが故に遠く感じる関係性が大好物です。そんな感じの子がいるといいな!

 現時点で7作品。最近ゲーム作品もCD作品も衰退してる感あるので淋しいですがその間にためてるCD聴けってことですかね、乙女ゲームとか最後にしたのいつで何のゲームだったかも思い出せません。

 とにかくちょっと衰退気味にあったオタク活動も今月から勢い戻してやってくぞ~他のレーベルも今のところまだ探してませんが良い題材のCDあったら買おう・・とにかくフリルラレコード様は早くCD出してくれ・・・

 

広告を非表示にする

今後の予定

 レオードVSモモチの感想書いてから1ヵ月経ってしまった・・・でも相変わらずCDは買い続けている状況なので本当にどうにかします。

 何から書こうかな~と悩んでるうちにこんなことになってしまってるんですよね。一番書きたいのはフリルラレコード様様がお出しになっている作品です。この世界で一番好きなCD作品はフリルラレコード様様のCDなので、フリルラレコード様様が何年もサイトやツイッターを更新していないこの今の状況はつらいんですけどいつかまた復活してCDを出してくださるようになるまではオタク続けようと思いますし出してくださったら狂ったように買うと思います。私は加藤千穂美様の作ったシナリオが大好きなんです

  ということで一回自分の買ってるCDとこれから買うCDについてまとめるためにこれ書いてます。

フリルラレコード

まず何よりもフリルラレコード様様ですね~。

・Barico
・ななぶん
・丸川くん家の猫たち
・ペンギンゑにし
・10年初恋
・Dollyholic

の6作品。

 全作品続編がほしくてたまらない~、特にペンギンゑにしはまだ完結していないので発売決定のお知らせずっと待ってます・・・。どの作品も泣けるし面白いし本当にオススメです・・・加藤千穂美様の生み出すシナリオとキャラクターと・・全部まるごと大好き・・。いずれ必ず書きたい作品達

 

Rejet

1シーズンに1~3タイトル購入してるので割としんどいです。

・FORBIDDEN★STAR(Epicureanのみ)
・FRESH KISS 100%
・THANATOS NiGHT
・オオカミくんち。(ヒィトのみ)
全力少年達のおうた&とりあい
・ディア♡ヴォーカリスト
・ディア♡ヴォーカリストRiot
ピタゴラスプロダクション ドラマCDシリーズ
・ミッドナイトキョンシー 天頂遊戯

の9作品。

 書き出してみるとそんなに多くなくてびっくりです。10作品超えてると思ってたのでCD厨としてはまだまだひよっこです。今回3タイトル追ってるからしんどいだけかな~!あとディア♡ヴォーカリストRiotの複数買いしすぎ問題。Rejetレーベルは歌が付属してるCDを購入する傾向があるんですよね~。

 

オトメイトレコード

このレーベル出す頻度凄くてしんどい。1シーズン必ず1タイトル買ってる現実

・ピリオドキューブ
・PcychicEmotion6
・コノ恋落チルベカラズ
・七怪家族
・Private Tactics
・和奇伝愛

 まずこの6作品が購入しているタイトルです。聞きたいから購入したので聴きたいという気持ちはあります。コノ恋の続編はまだか~!でも渇望メソッドの続編が決まったので次のシーズンで続編の可能性あると思います。あと

・恋色始標
・RUN LIMIT

 この2作品が次購入予定のタイトルです。このシーズンは購入しないと決めた3日後くらいにこの2作品購入すること決めてたので自分のちょろさにはうんざりします。

 まず恋色始標は作品の雰囲気がすっごい可愛いのと不愛想写真部員×先輩陸上部員のカップルが気になりすぎなので購入決めました。他のカップルも気になるんですけどね~!まずアニメガで購入して場合によっちゃステラワースで小冊子ももらいたいです。

 次にRUN LIMITで・・これが問題です。恋色始標だけにしようと思ったけど絵がすごい好きなのでサイト見てみたら「全員幼馴染」って書いてて・・私幼馴染大好きなんで・・詳細見てみたら・・話面白そうだし全員気になるし・・アニメガとステラワースで買います!!!!片桐と倉島が一番(?)気になるのでアニメガなんですけど有馬春も絶対ずるいと思う・・あれでレベル5ってやばいと思う・・いつかもしかしたらアニメイトも買ってるかもしれません。予めスタンプシートだけもらっておくために片桐だけアニメイトで買っておこうかな~

 

その他のレーベル

 まず正式にはCD作品ではないのですがStarburst!のS+hとFrepですね~本当に最高なアイドルグループ達です。キャラ同士の掛け合いが本当に面白くて各キャラがたってて本当最高・・

 ツキノプロダクションシリーズも購入してます~ALIVEはGrowthのみ購入していてSQではQUELLのみ購入していますがSOARAもSolidSも買いたみ~!

 王子様(笑)シリーズも本当にくだらなくて好きです(褒め言葉)ゲーム発売します詐欺これで二回目なのでもう信用してないですけど早くゲーム出して

 bizCROWNは仲吉商店街、恋の湯営業中!(2、3)だけですね~これ本当に可愛い作品だったのでいつか1~6までそろえたい~!あと東浦家の休日もずっと気になってはいるので購入したい~!

 honeybeeはDYNAMIC CHORDやStarry☆Sky などゲーム作品から出てるCDしか購入してません。

 made in blueは今出しているスクミュ!!と星空ホールへおいでよ♪全購入してます。星空ホールも好きですけどスクミュ!!の展開がもっと欲しいです・・

 あとはぺらぶ!、もふドル、龍の契、コンビニカレシ、クラノア、いっしょにごはん。、FlyME project、COLORFUL5かな~

 他にもゲーム作品(アプリ含め)から出てるドラマCDなども購入したり色々。CD買うの楽しいな~

 今のところRejet作品ばっかり書いてるので次は違うレーベルの作品書こうかなと思いつつ下書きにRejet作品の感想たまってるのでそれ消化してからとかも思ってたり。

広告を非表示にする

ディア♡ヴォーカリスト アニメイト2巻連動 ダブルセッションエクスタシーレオードVSモモチ編 感想

この感想半年前くらいに途中まで書いてて放置してました!供養しときます!

来月からまたリジェットマラソン始まりますけどめげずに走りたいと思います!!来月からのやつは「FRESH KISS 100%」だけ走ります~タワレコは連動ないしステラワースも小冊子じゃないのでアニメイトオンリーですみそうです!!!

とか冒頭に書いてました!来月っていつの話だよFRESH KISS 100%走り終わったよ!

今回は2巻連動の特典全3種を一気に書きます~って思ったけどいざ書いてみたら量おかしいのでやっぱりわけます~このCDほんとよくわからない…

このCD最終的には「ヒロインと付き合う前の話で本編がその子と付き合った話」って思ってるけどそうなるとレオードとモモチのヒロインは同じ人…?ってなるしそう考えてるとよくわからなくなったので考えることをやめました。てか出会いの話はもっとちゃんとした話(確定)なので夢壊さないでください(威圧)

「考えるな感じろ」ってこういうことだったんだなぁ(遠い目)

 

※以下ネタバレしかありませんのでご注意お願いします。後思ったままに書いてるだけで非難してる訳ではありません。刺さないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ディア♡ヴォーカリスト アニメイト2巻連動 ダブルセッションエクスタシーレオードVSモモチ編

 

f:id:frszsob10dpmbn:20160324072647p:plain

 

ここに出てくるメイン女の子は全て「ヒロイン」と記述します~

 ダブルセッションエクスタシー レオードVSモモチ編(12:54)

Veronicaの2ショット撮影会のシーンから始まる。ヒロインの番になりモモチの元へ向かうと

モモチ「あれ?来てくれたんだ!僕が君を忘れるわけないでしょ?すっごい初期のころからいつもライブにきてくれてるし、しかもこんな可愛い子をさ!君が来てくれたらいいな~なんて実はひそかに思ってたんだよね!」

 と大歓迎される。撮影に入ると距離感があると言われぴったりくっつくことに。そしてポーズをどうするかという話になりヒロインがモモチに任せたところ抱っこ(モモチの膝の上に乗る)はどうかと言われる

いや????なんでそうなった????

って思ってたんだけど元バイト先の後輩の話によれば2ショット撮影でお姫様抱っこしてもらえることもバンド?グループ?によってはあるみたいですね。その話によればそこではファン側からポーズの指定を出来なかったみたいなのでお姫様抱っこをしようと思ったのは向こう…ちなみにみんなにしてあげてたわけじゃないそうです(闇)

そして

モモチ「ねぇ、先に言っとくけどこれ誰にでもしてるわけじゃないよ?君だけ特別」

モモチ「見てよほら、君の事みーんな羨ましがってるみたい、どー?気分いい?」

現実でもこんな会話がなされているかは別にしてそういうことがあるんだから全然普通だったんだなぁ~~~~私だったら確実に周りの目が怖いのでやめてほしいんですが

撮影が終わっても

モモチ「なーんかこうしてると落ち着くからまだ離したくないかも、いっそこのままあんたのことお持ち帰りしちゃったり・・」

と離してくれない

この時点でリアルに撮影会とかに行ったことがない人間にはもう撮影会というものがよく分からなくなってきたのでいったいモモチは腹の中で何を考えながら発言しているのかという点について考えることにした。

 からかかれてるとでも思ってる?案外本気で言ってるかもしれないよ?と言われこの後の予定を聞かれる。嘘だろ?!と思ったけどスルーすることにした。しかしヒロインには予定があったのでそう伝えるとじゃぁ残念だけどまた今度ってことで!それじゃぁこれからも応援よろしくね~!とヒロインを離した。

ここのモモチ絶対腹の中で「はぁ?オレより優先する用事とかあるわけ?意味わかんないありえない」とか思ってるだろうな~

その後、ヒロインが歩いているとレオードと遭遇。あれ?お前確かライブでよく見る女だな?と声をかけられる。

この2文だけで突っ込みどころ満載なのいい加減にして!まず歩いているとレオードと遭遇って仮にも人気ヴォーカリストなんだからその辺歩くのやめて!あとライブでよく見る女だなって軽率にファンに話しかけないで!

ルミエールの撮影会がもうすぐ始まると言われ持っている整理券を差し出すと

レオード「探してたんだぞ!さっさと来い!整理番号1番のやつがいないってスタッフが」

モモチ「ちょっとちょっと、どういうことなのさ、あんたVeronicaのっていうかオレのファンだよね?なんでルミエールの整理券なんか持ってるわけ?」

と修羅場勃発。

どういうことなのさ(驚愕)

モモチ撮影会は?なんでこの会話に割り込んでこれたの?

ひとまずレオードがスタッフに呼ばれているからとヒロインを連れてモモチの元から離れる。モモチは追いかけようとするが自分の撮影会があるため追いかける事はできなかった。

いざレオードとの撮影会へ向かうと今回は趣向を変えてスタッフを一人もつけずにカーテンで仕切りを作り自撮りする形の撮影会だと説明を受け撮影会が始まった。

なんかここでも距離が~と言われ近づくと髪の毛に葉っぱついてると言われ取ってもらった。

葉っぱ・・・??葉っぱ・・?!?!?!

その後レオードに

レオ―ド「つか何身構えてるんだ?もしかして襲われるかもとか思ったんじゃないだろうな?他のバンドはどうか知らないけどルミエはミネット達に手を出したりしないから安心しろよ、でもまぁ個人的に好きになれば話は別だけど」

と言われる。

別じゃねーよ。

撮影の話に戻りポーズはどうするかと聞かれるとヒロインが手でハートを作りたいと提案する。

モモチの時は何も言わなかったのにレオードの時は自分から提案、しかも手でハートってヒロインちゃんレオードの方が好きだったりしない?大丈夫?

そのポーズで撮影し出来上がった写真を見るがヒロインは自分の写りが変であることを気にする。そんなヒロインに

レオード「大丈夫、お前充分可愛く撮れてるって、まぁどうしてもって言うなら撮りなおすけど」

と言ってくれる。

会話がほぼほぼ彼氏彼女のそれなんですがそれは

ヒロインがお願いすると

レオード「気にすんな、お前がいつも応援してくれてるのは知ってるし、今日だって朝早くから並んでくれたんだろ?それくらいサービスしてやる」

 やっぱりヒロインちゃんレオードの方が好きでしょ?(困惑)あとサービスの理由がまともにみえる謎~!とか思ってたら

レオード「なんならもっと特別なサービスしてやってもいいけど?なぁ、この後なんか予定あんのか?」

とか聞いてきた。

なんでここの事務所のバンドマンすぐ次の予定聞いてくんの?

前からお前と話してみたいって思ってたんだとかよくわからない口説きを受けているとカーテンが開き、ねえ~いつまでやってんの?君に聞きたいことがあるんだから早く僕と一緒にきてよとモモチ乱入

だからなんで乱入してこれんの?

ここでレオードが

「おい、今ファンイベントの最中だぞ。邪魔すんなよ。大体ベロニカだってイベント中だろ。ファンをほったらかして何やってんだ。ったくパンダに怒られるぞ」

 と私の疑問をそのままに投げかけてくれた。するとモモチは

「え~その子以外のファンをほったらかしてるのはレオくんだって同じでしょ?そもそも人のバンドのファン突然かっさらっといて、お説教なんかしないでくれない?」

 と反撃。後半部分は置いといて、まぁ口説いてたしな。せやな。

ここでモモチ、ヒロインにっていうか君さ、さっきから何ぽかーんとしてんの?と話しかける。

「そもそもベロニカのこと初期から追っかけてくれてたのに何でルミエールに乗り換えちゃったの~?僕すっごいショック」

その前にたった1人のファンが乗り換えただけでそんなになるならもうこの先絶対やっていけないよ・・・・・・・・

レオードは変な言いがかりつけるなとモモチからヒロインを引き剥がしこいつはルミエール結成時からのファンの一人なんだ。お前にどうこう言われる筋合いないんだよと火に油を注ぐ発言をする。いや空気読んで、マジで、頼むから。

それを聞いたモモチは二股かけてたってこと?!と激昂する。レオードはさすがに人聞き悪いぞと反論するがモモチの怒りは静まらず

「大体どっちも応援してますかっこはーと、みたいなのがファンとして一番信用出来ないじゃん!!・・はぁ~あ、ほんと君にはがっかりしちゃったよ。でもね、今回だけ特別許してあげてもいいよ。今すぐルミエールときっぱり縁を切って、今後はベロニカ一筋にするってこの場で宣言してよ。ど~お?簡単でしょ~?」

と提案してくる。

なんでこの子にここまで必死なの?この子バンド業界を支えてる大富豪とかなのかな?

するとレオードが

「おいモモチ、さっきから黙って聞いてればお前バカじゃないのか?こいつが俺のファンやめる訳ないだろ。こいつはな、インディーズの時から俺らを応援してくれてる気合い入ったミネットなんだよ。ベロニカのチャラチャラしたファンとは違うんだ!」

 とまたも火に油を注ぐ発言をかます。バカじゃないのか?まではよかったんだ。問題はそこからだ。いい加減にしてくれ

ここからレオードとモモチの言い合いが始まるが、なんとレオードはルミエールのサウンドがどれだけ良いかモモチに言ってやれよとヒロインを巻き込んでくる。やめて~

ただ私の気持ちもいざ知らずレオードの要求に素直に答えちゃったヒロインは・・っだろ?!さっすが!お前なら分かってくれると思ってたんだよ。これからもルミエールの応援よろしくな!マジで、頼むよ!と感謝され頬にキスをされる。

これにはモモチも頭にきたみたいで過剰サービスだから社長に言いつけてやると叫ぶもののレオードは好きにすればいいと強気に出る。

レオードが一番好きな人間だからあれだけどなんかモモチ可哀想になってきた・・・どう考えてもこのバンド業界支えてる大富豪ヒロイン(確定)はレオードの方が好きそうなんだもん・・

じゃぁ僕も好きにするからとモモチはヒロインに近づき、あんたってほんとわかってないね~歌ならレオードなんかより俺の方が絶対上手いのに。それに・・キスだって俺の方が絶対上手いよ?と口にキス

レオードは慌ててお前こそファンサ過剰だろ?!と言い寄るがモモチはやられたからやり返しただけだよと言ってのける。

いや、ずっとやられてるのはヒロインなんですが

結局ヒロインがどっちかを選ぶまでは納得できないという結論に至り、2人がどっちを選ぶんだと迫ってきてフェードアウト。

仕事(ファンイベント)戻らないの?

 

総評

いや~すごかった。ディア♡ヴォーカリストもRejetだったなぁ!と思い知らされました。

このCDはどういうスタンスで聴けばいいのか1年経ってもわかりませんでした。まぁでもシナリオライターに1つ質問出来るとしても「このCDはどういう意図で作られたのか」という無駄な質問はせずに「各ヴォーカリスト達はどうやって彼女と出会ったんですか」って聞きますけどね。

 

ディア♡ヴォーカリスト大好きです!

ディア♡ヴォーカリスト エントリーNO.3 ジュダ 感想

ジュダがやばい

 

いや~1期の時は「(SEが)なんかうるさい」って感想で特別好きとか思ってなかった(はず?)ですけど今回の試聴曲聴いてから印象変わった萌えが止まらない

私の印象を変えた原因が「I Can't Say GoodBye」なんですけどまず題名がやばくない?ジュダってあんな感じなのにサヨナラが言えないってしんどい

試聴部分の歌詞聞き取ってみたんですけど

くすんだ街を蹴るように歩いていけば、もう死にたくて

後悔というならなぜ踏み出さない

どう考えても好きで仕方がないよ

グッバイが言えないばかりか頬が濡れてきた

汚れたシャツも洗えない日々だよ

もう一度求めるふりすらできないままで

消えない傷跡独りじゃいられない

やばくない??

いやここの部分だけだとハッピーエンドじゃないしもしかしたら失恋ソングかもしれないけど彼女と別れるかもしれないみたいな喧嘩した後とかに音沙汰なくライブ当日迎えて、でも一応チケットあるしつってライブ行ってジュダにこれ新曲つって歌われたらしぬ(※妄想)

 

多分ジュダだから喧嘩してたその時もクッソ怒鳴って「もう出て行けよ」ってジュダから言ったに違いないし彼女が出て行ってから少しして自分の言葉に嫌気さして追いかけたけど間に合わなくてその後数日は「向こうから連絡くるだろ」って思ってたけど一向に来なくて折れてこっちから連絡したら全然繋がんなくてイライラしてすっごい荒れてたけどライブの日は近づいてくるしでどうすればいいのかわかんなくなって最終的に「あいつ俺のこと嫌になったんだな」って思うようになっちゃって、でもこのままは嫌で、彼女が来るかわからないライブに懸けて急遽新曲作って今の想いぶち込んだとかだったらどうしよう(※妄想)

 

それでこの曲歌ってるときに彼女のこと見つけて安堵しながらも必死で彼女に届くようにって歌ってたらどうしよう、ずっと彼女の事見ながら歌ってたのに「独りじゃいられない」のとこで強がって目逸らしたりしたらどうしよう、ライブ終わったあとスタッフの言葉も聞かず飛び出して人の目も気にせずに客席の方向かおうとしたら彼女が走ってジュダの元に来て謝ろうとしたんだけどその言葉をジュダが飲み込んでキスとかしたらどうしようむり(※妄想)

 

誰かこの漫画描いて!!!!!!(絶叫)

 

そもそも「どう考えても好きで仕方がないよ」とか言われたら萌えでしぬでしょ?

 

ってことでジュダ1期のCD感想

※以下、ネタバレしかありませんのでご注意お願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ディア♡ヴォーカリスト エントリーNO.3 ジュダ 

 

f:id:frszsob10dpmbn:20161018020908j:plain

ジュダ(CV斉藤壮馬

クライマックスレコード所属、バンド「篝火カガリビ」のVo. 音楽中毒(?)

 

入る前に一言言わせてほしいんだけど1回目聴いた時と今改めて聴いた時の感想が自分でも驚くほど違うからやっぱり「I Can't Say GoodBye」の威力すごいしなんなら1回目聴いた時私寝てたんじゃね?ってぐらい内容覚えてなかった初めて聴いた感覚だったなんで?

 

結論:しぬほど萌えた

 

Track① エスカレーション! 歌

 

Track② Sweet Devil’s Night 歌

 

Track③ 大荒れの対バン後に (9:08) ドラマパート

題名の通り対バン後のシチュエーション

対バン相手がライブ中挑発などをしてきたのが最高に気に食わなかったらしく荒れているジュダに彼女が声をかけるも今俺、だいぶプッツンきてるから、あんたもさっさと帰ったら?そんじゃとそっけなく去る、彼女はすぐにジュダを引き留めるもなんだよ、帰れって言ってんだろ、聞こえなかったのか?・・っいいから離せ、あ?控室に決まってんだろ?ついてくんなと拒絶し一人で控室へ戻る

これさ~イライラした状態で彼女といても傷つけるだけだからみたいな配慮かよ勘弁して~~

控室に戻った瞬間パイプいすを蹴り怒りをあらわにする。後を追いかけてきた彼女はその音を聞き控室に入りなだめようとするが

「ただでさえ最悪な気分なのにあんたのそういう顔見てると余計イライラする。・・はぁ、今度は泣く訳?だから嫌だったんだよ、とりあえず泣いとけば俺が慌てて機嫌取るとでも思ってんの?悪いけど今そんな余裕ねーから。・・だったらいい加減にしてくんね?こうなるって分かってたから帰れって言ったんだよ。一緒にいたってお互い嫌な想いするだけじゃん。良い事なんかひとつもねー。」

とジュダに一緒にいることを拒絶され、彼女は控室を飛び出た。

ほら~~~ほら~~~~~。

多分これ「単純に一緒にいたいかいたくないかで言われたら一緒にいたいけど、一緒にいたら彼女の事傷つけるしジュダ自身も傷つけたくないから我慢してる」ってことでしょめっちゃしんどい

その後ジュダは控室を飛び出た彼女を追いかける(←しんどい)

 彼女を見つけたジュダは息を切らしながら

「どこ行くんだよ、駅こっちじゃねーじゃん。こんな時間にふらふらしててナンパ待ちだと思われたらどーすんだよ。・・・しかもまだ泣いてるし」

 と彼女の手を取り引き留める

無理待って。

ジュダ絶対彼女の事必死に探したし見つけた瞬間安心したでしょ、探してる時もあいつまだ泣いてんじゃねーかなとか考えてたでしょ

その後泣いてる彼女を抱きしめ

「あのさ・・・さすがに言い過ぎた。その・・色々あったから、さっきのライブでイライラしてつい・・だから言ったじゃん、今日は帰れってさ。だからもう泣くな」

と涙を拭いてくれた。

Rejetのキャラに謝られた!すごい!!!とか思っていたら

「なぁ、俺の事もう嫌?・・だってさっきあんたが「もういい」って言うからついに限界きたのかなって思って。俺と一緒にいんの嫌になった?・・っあっそ、ならいいけど・・」

 と最大級の萌爆弾落とされた。

むりこんなん語彙力失くすむりまって

ジュダにとって彼女はヒロイン以外に考えてなくて嫌われたくないって事でしょ、それで不安になったからちゃんと言葉にして聞いたんでしょずるい

 その後彼女の薄着を心配して上着を貸し、彼女を帰らせる為にタクシーを拾おうとするがなかなか空車が来ず立ち往生していると彼女がジュダにこの後どうするのかを尋ねた。するとあの感じじゃ相方もスタッフも打ち上げとかいうテンションじゃねーだろうし、俺も帰って一人で酒でも飲むわと返事しん?なんだよ。・・なにその顔、もしかして帰りたくない、とか?と聞かれる。これに対し彼女が「うん」と返事をすると嬉しそうに

「あんたってほんとしょうがない女だよな、物好きっていうか毎度こんな目にあってるのになんで俺と一緒にいたがんの?・・っ、ふーーん、そう。俺の事そんなに好きなんだ~。なに赤くなってんの?自分で言ったくせに。」

 とまぁそれは嬉しそうに答えた。そして

「でもな、残念でした。俺のが好きだよ。あんたなんかよりずっとな。こんな俺の事見捨てないやつなんてあんた以外にいねーし。なぁ、帰らねーって言うんならこのまま俺ん家くる?・・ふーん、だったらさっきのこと全部帳消しになるぐらいベッタベタに甘やかしてやるよ、朝までずーっとな。・・って何笑ってんだよ、さっきまで泣いてたくせに。変なやつ。笑ってられんのも今のうちかもな。俺を見捨てなかった事、後悔すんなよ」

と言い、彼女にキスしてこのトラック終了・・・・

本当にRejetなのかと10回ぐらい確認した

え、むり・・・・・これを1回目聴いた当時本当に起きて聴いてて、それでいて何も感じなかったならその時私は人間ではなかったから人間に戻れてよかった

俺のが好きだよって言葉にしちゃうのほんとしんどい。あとこんな俺の事見捨てないやつなんてあんた以外にいねーしってむりすぎ。「この俺が付き合ってやってるんだから感謝しなよね」じゃなくて「こんな俺と付き合ってくれてありがとう」って伝えてくれる男の子達がいるディア♡ヴォーカリストどうぞよろしくお願いします!!!!

 

Track④ Creative with you (11:55)

 ジュダからの今夜の約束・・悪い、キャンセルさせて。・・はぁ、別に何も。ただちょっと事務所で曲作ってるから、そういうわけだから、じゃーなという連絡から始まる。この連絡を聞き心配に思った彼女はジュダのいる事務所に向かうと予感は的中、曲作りがうまくいっていないのかジュダが部屋で暴れていた。部屋に入ると彼女が来たことに気付いていないのか暴れ続ける。彼女が声をかけると・・・っ離せっ、つか誰・・?!あんた・・なんでここにいんの?約束ならキャンセルだってさっき電話で言ったじゃんと一回動きを止めてくれた。事情を聞くも

「悪いけどあんたに付き合ってる暇ない、明日の朝までにどうにか形にして相方とプロデューサーに渡さなきゃなんねーし。は?あんたに手伝えることなんてなんもねーよ」

「あのなぁ、曲作りってのは俺自身との戦いなんだよ、俺以外どーも出来ねーの。俺が作り出した曲じゃねーと篝火でやる意味なんかねーんだよ。素人が余計な気回して口出してくんな、ほっとけ」

と拒絶されたので彼女は帰ろうとする。がドア前でジュダにちょっと待て、こっち向けと言われジュダの方を向くと・・はぁ、やっぱり。なに?へこんでんの?・・仕方ねーな、そんな顔のまま帰らせたりしたら気になってますます曲作りどころじゃねーじゃん。ただでさえつんでんのに、バカ。つーわけだからやっぱ帰んな。ここにいてくれた方がまだマシと引き留められ、ジュダも休憩に入ることに。

ジュダのお前に構ってる暇ないからって言いつつガンガン構ってくれるとこすごい好き

 休憩中ジュダに話を聞くと

「ああ、順調だったよ。でもそれは昨日までの話。今朝ここに来て見直したらやっぱなんか違うって思って、これじゃダメなんだ。俺以外の誰かでも作れる曲は、篝火の曲じゃない。このまま妥協してもアレンジ次第でそこそこの曲にはなるって思う。でもな俺的に最高の曲かって言われたら絶対違う。後一歩なんか足りねー。もうここまで出かかってんのにそこでずっと止まってる。なんとかして吐き出さなきゃって思うのにそれが出来ねーんだよ。」

と今抱えている悩みを打ち明けてくれる。ジュダはすぐになんで俺あんたにこんな話してんだろ、曲作りのことなのに。マジねーわと後悔するが彼女は「愚痴られて嬉しい」と答える。それに対しジュダはあんたどうかしてんじゃないの?・・ふーん変なやつ」と動揺するがあ~でもそっか~、あんたって俺の事大好きなんだもんな~?だったら仕方ねーかと形成逆転を狙いからかうもあっさり肯定されたため、んだよ、なにサクッと認めてるわけ?からかった意味ねーじゃんと言い次の手を繰り出す

「でもま、いーや。そこまで言うんなら証明してみせろよ。言ったよな、俺の事大好きだって、だったら24時間365日どんな俺でも受け入れられるし言う事だってもちろんなんでも聞けるんだよな?・・じゃぁ今すぐなんかくれ、俺のモチベーション上がるようなやつ。例えば・・こういうのとかさ」

と言い押し倒してキス。~そしてイチャイチャタイムへ~

このイチャイチャタイムマジで甘すぎた。普段ツイッターとかであんな感じの子がこんな事言ったりするの?とか思いだすともうダメ萌える

「しー、静かに。まだ事務所に残ってるやついるかもだし、おい、声出すなって言ってんじゃん。ちゃんと我慢しろ」

「ふーん、そうやって必死になって我慢してるとこ、いいじゃん。かわいい」

 とかいっぱい言います。このおいとかかわいいとか文面上伝わらないのもどかしいんですけどめっちゃ優しい声で笑いながら言ってくれてます、最の高

 後はキスマークとかもあるのでほんとちょっとでも気になったら聴いた方がいいマジで

この後気分が上がったジュダは今まで吐き出せなかった曲がようやく自分の中に出てきて無事曲が完成する目処がたち早速曲作りに。彼女は安堵し今度こそ帰ろうとするがまたもジュダに引き留められる。

 「新曲、今夜中に仕上げるから、出来たらあんたが一番に聴いて。じゃねーと意味ない。あんたのこと考えてて浮かんだ曲なんだから。ここまで勝手にお節介焼いといて今更帰るとかねーだろ。最後まで付き合え」

「朝まではたぶん作業かかりっきりになるけど、終わったら次はあんたの番な。曲さえ出したらその後オフだし、なんなら耳元で生歌でも歌ってやるから楽しみにしとけよ」

 でトラック終了・・・・

甘かった~~~~

ただただジュダはほんと音楽も彼女も好きなんだな^^って実感した。ジュダにとっては音楽も彼女もどっちも自分になくてはならない存在でどっちの方が必要とかそういう考え自体なくて彼女自身もおそらく理解してるから何言われてもジュダへの感情は変わらないしやっていけてるんだろうな~。彼女はもしかしたら「音楽の方が好きかもしれないけど自分は音楽の次で良い、音楽が好きなジュダが好きだから」ぐらい思ってそうだけど。は~このカップル可愛すぎか~

 

Track⑤ Difference (12:44)

とある日の朝のシチュエーション。

彼女はジュダを起こしに行くがなかなか起きず困っているとん?なにこれ・・あんたから甘いにおいする・・もっとこっち・・来い・・と寝ぼけているジュダにベッドに引き込まれる。

何か作った?とジュダに聞かれ彼女はホットケーキを作った事を言うとホットケーキって・・ガキかよ・・つか朝食なんて別にいいっていつも言ってんじゃんと文句を言う。

いつも言ってんじゃん(萌えポイント)

ジュダを起こそうとするがなかなか起きてくれず挙句の果てに今日の撮影バックレようかなとまで言いだすがとちおとめもあることを告げるとなんとか起きてくれる事になった。

自分の作ったホットケーキより先にとちおとめを食べたジュダに対し少し不機嫌になっているとジュダは笑いながら

「なに?もしかして怒ってんの?あんたの作ったホットケーキ食わねーからって。ふーん、どうだか、強がっちゃって。正直に言えばいいじゃん。早起きして作ったんだから食べて、ってさ。」

 と彼女をからかう。食べてほしかったことを認めた彼女に免じて食べることにしたジュダは食べさせてほしいと彼女に伝え彼女に食べさせてもらうことに。感想を求められたジュダはまあまあ・・美味い。んだよ、嬉しそうな顔しちゃって、んじゃもう一口くらい食ってやろうかなと答える。

ここのシーンのジュダが本当に楽しそうで大好き。彼女が自分の事で一喜一憂してるのが可愛くて可愛くて仕方ないんだろうなって感じ、2人ともかわいい

そろそろ仕事の準備をしなければいけない時間であることを伝えるとやっぱ今日仕事行くのやめるわ、オフにするRejetキャラにはよくある訳の分からないことを言いだす。そして先ほどの朝食の続きを始めようとするが彼女が食べさせるのをやめるとなんだよ、もう食わしてくんねーの?だったら別のもん食うからいいけど。ってわけでこれ食っちゃおとキスしようとしてくるが彼女は拒む。するとジュダは不機嫌MAXでなに?俺にキスされんの嫌なわけ?と尋ねてきたので仕事に行くよう伝えるとまたも不機嫌MAXで仕事仕事うるせぇよ、行かねえって言ってんじゃんと言いだす。理由を聞くと

「だって今日音楽の仕事じゃねーし、雑誌のグラビア撮影、ここんとこ篝火が忙しいからって言い訳してモデルの仕事は断ってたんだけどさ、今日はあのクソ毛玉がどうしてもって。俺がやってるファッションブランドの事もそうだけどあれはあくまでも音楽活動休止してた時につなぎでやってただけで、本気でやりたい事ってわけじゃない。今は音楽で十分食えてるわけだしモデルの仕事とか正直もういい。そんな事に時間使うくらいなら作りかけの曲仕上げたいし、それに・・」

 ここで彼女が(おそらく)「それでも仕事だから」と正論言ったところでジュダは、んなこと分かってるよ。あーあ、行けばいいんだろ行けば。あ?なんでそんな顔すんの?あんたが言ったんだろ?仕事なんだから行けって。音楽一本に絞れば俺的にも満足だし、それに今より少しはあんたとの時間も取れると思ったのにと拗ねる

彼女は音楽一本に絞ることを止めたいわけじゃなくて仕事放棄することを止めてるわけであって、音楽だけやりたいからファッションブランドはやめるっていうなら賛成してくれると思うんだけどって気持ちよりあんたとの時間も取れると思ったのにって言ったジュダが可愛すぎてどうでもよくなった

拗ねた直後、あーあーなんかすっげテンション下がったわ、やっぱ行くのやめると秒で判断を変えるジュダはよくわかんないけど可愛いので許されます。

断固として仕事に行かないジュダに彼女はそれでもと話しかけるとジュダは

「大体あんた嬉しくないわけ?撮影バックレちゃえば今日はこのまま俺と一緒にいられんだぞ?俺のこと大好きだって言っただろ?だったら嬉しいはずじゃん?違わないね、だって俺はそんなつまんねー仕事よりあんたとの時間の方が大事だって思ってるし、ただでさえここんとこ時間ねーじゃん。来月ツアー始まんだぞ。そしたらこんな風に会ったり出来なくなるのに。あんたは会えなくたって平気とか思ってんのかもしんねーけど。俺とは違って。」

と本音をこぼす。

平気じゃないんだ(嗚咽)

しんどくない?音楽だけやれればいい、音楽があればいいみたいな人なのに、その大切で大好きな音楽やってる時でさえ彼女と会えないのは平気じゃないってしんどくない?私はすごくしんどい

彼女はこれに対し(おそらく)「私は平気」といったような返事をした。するとジュダは、あっ・・ふーん、そうかよ、あんたは俺に会えなくても平気なんだ。だったらもう帰れば?俺のわがままなんかにいちいち付き合ってたらそっちだって時間の無駄だろ

しんどいオブしんどい。なにこれ。

めっちゃ悲しそうに言うのしんどすぎるし、俺の我が儘=彼女と一緒にいたいってことでしょ?しんどい助けて

彼女は我慢するからということであることを伝えるがジュダはあんたみたいに我慢すんのとか絶対無理と言い放ち、加えて俺とあんたじゃ違うんだよ、考え方から何から全部な。だったらもうしょうがねぇよな、俺たちこうするしかねぇじゃん。と言われ彼女は別れ話をされるのかと泣きそうになる。するとジュダは

「おい、なんでいきなり泣きそうになってんの?あんたなんか勘違いしてない?・・あっもしかして、もう別れようとか言われると思った?・・バーカ。んなわけねーだろ。つかなんで俺から別れてやんなきゃなんねーの?愛想つかしたあんたが勝手に離れてくってなら、まぁわかんなくもないけど。でもあんたは俺と違って我慢すんの得意じゃん。だから俺ら一緒にいれてんだろ。俺はなんだって好き放題やるしこれからだって変える気とかない。それでもあんたはちゃんと俺についてくるって信じてるから、・・って思ってんだけどどうなんだよ」

叫びたいです助けて

俺に我慢できなくなって彼女が離れていくってなら分かるけど俺から別れを切り出すことは絶対ないって言うジュダに大拍手。そして信じてるって言いつつも最後自信なくて彼女に聞いちゃうところもかわいい大拍手。大拍手。

この時点で(萌えで)息も絶え絶えなのに更に迫りくる怒涛の(萌え)展開。

彼女が肯定するとジュダは安心したように仕事の準備を始め、彼女にも出かける準備を促す。彼女がどういうことか聞くと俺はまだ一緒にいたいのにそっちは仕事行けってうっせーし、だったらあんたが現場までついてくる以外ないじゃんと答え最終的に彼女が仕事場についていき、休憩中はジュダに構うということで落ち着きこのトラック終了。

この最後のやりとりもジュダの可愛い発言ありすぎたんですけど全部書いてたら今でも量おかしいのにもっとおかしくなるので自重しました。

 

Track⑥ キャストトーク (6:05)

引き続きキャストトーク聴けない病患ってるので聴いてません。友達が可愛いって言ってた気がします。 と思ったんだけど何か違うみたいです、また聞いときます。

 

総評

ほんとこのカップル可愛すぎました。我慢は上手だけどすぐ表情に出ちゃう彼女と我慢が出来なくて構ってちゃん彼氏のカップル可愛すぎか~~~~。やっぱり彼女は自分に構ってくれるジュダも好きだけど仕事してるジュダも好きだから我慢する、一緒にいれるならいたいけど一時の感情で「仕事バックレてまで一緒にいてほしい」とは言えないんだろうな~。ジュダも彼女のそういうとこちゃんと理解してるけどもそれでも「一緒にいてほしい」って彼女に言ってもらいたいんだろうな~。最高

あ~~~前回も言ったんですけど出会ってから付き合うまでの話が聞きたい~。この2人どうやって出会ったの?ジュダって一目惚れとか絶対しないから出会ってからも何かしらがあったからジュダは彼女にあそこまで惚れたんだと思うけど何があったの?教えて頼むから~あ、今度のステラの小冊子それにしない?お願い(切実)

 

特典 

単巻特典はレオードと同じくアニメイトは「プライベート・ヴォーカリスト@O・U・CHI!!」(11:00)、タワーレコードは「プライベート・ヴォーカリスト@SI・BU・YA!!」(10:21)、ステラワースはSSペーパーと結構豊富。

 

プライベート・ヴォーカリスト@O・U・CHI!!は題名の通り家でイチャイチャする話です。料理してる彼女にジュダが構って構ってして、って感じです。特に好きなとこは

「あっそうだ。なぁ、そのエプロン似合うね。・・はぁ?!なんで!別にお世辞なんかじゃねーし。わざとらしいとか失礼だぞ!似合うから似合うっつっただけ。つか俺なりに全力であんたの機嫌取ってんのにわりぃのかよ。じゃぁ別にいいじゃん。なんつーかそれしてると奥さんみたいだな。」

と彼女の機嫌取ってんのかからかってんのかわかんないシーンです。

めっちゃかわいい

プライベート・ヴォーカリスト@SI・BU・YA!!では2人で楽器屋さんに行ったもののジュダが曲を閃いたらしく事務所に戻ろうとするが彼女がデート中だからと止めて喧嘩するも仲直りしてジュダが彼女の行きたいとこに付き合ってくれる話。

普段の彼女だったらジュダが音楽選んでも仕事だからと我慢するのにデートとかオフで一緒にいる時にジュダが音楽の事ばかり考えてると拗ねちゃう彼女すっごい好き。こっちの特に好きなとこは

「さっきはちょっと言い過ぎた。ごめん。なんつーか、言い方悪かった。俺にとって大事なのは音楽だけであんたのことは大事じゃないみたいに言った。・・・・そう、ならいいけど。・・・・なんであんたがお礼なんか言う訳?悪いのは俺なのに」

のシーンです。自分が悪いと思ったらちゃんと自分から謝れる子大好き。

どっちのお話もオフで自分といるのに作曲しようとするジュダに拗ねちゃう彼女って構図が本編にはなかったので最高に可愛かったです大満足しました

ステラワースのSSペーパーは「とあるロケ日当日の話」です。

「着いたら起こして。オレ、寝るから」

 そう言って、返事も待たずにカノジョの肩にもたれる。カノジョの髪からイイ匂いがして、思わず顔を埋めた。オレがいつも使ってるシャンプーの匂い。うちに泊まってたんだし、当たり前だけど。

 萌えすぎてうがーーーってなりました。こちらも大満足です。

なんか気付いたらすごい長くなってました。疲れたので終わります。

Rejet 8月恒例新作発表会

久しぶりすぎてブログの書き方とか忘れた

 

 4ヶ月くらい放置してて自分でもびっくりなんですけどまぁ社会人ってうまいこと時間使っていかないと全く時間ないね

 何故このタイミングかといいますとタイトルにもあるように先日リジェの新作発表会という名の色んなリジェ作品クラスタの生死を決めるお祭りがあったからです

 先に言いますディア♡ヴォーカリスト大勝利おめでとう!!!

 まさかCD売り上げではなくグッズ売り上げで赤字をカバーし続編に繋がったとは思わなかったけどとりあえずおめでとう!!どれだけ缶バッジ売れたんだろう・・・

正直2期はあると思ってたんだけどまさかのFORBIDDEN★STARとかいうアイドル誕生から「消え去ってしまうのでは・・?」と危惧してたけど缶バッジ売れててよかった~!さすが缶バッジ製造会社~!!!

まさかドラマCDとベストアルバムまで出ると思わなかったけど嬉しいです、赤字にならないかだけが心配なのでみなさまディア♡ヴォーカリストをよろしくお願いします。

てかどう考えても今回買いたいというか走りたい店舗ありすぎて財布悲鳴あげそうなので自分的にまとめてみました

 

*ディア♡ヴォーカリスト

10月19日 レオード(☆)

11月16日 ジュダ(☆)

       ドラマCD#1(@)

12月21日 エーダッシュ(☆)

 1月18日 モモチ(☆)

       ドラマCD#2(@)

 2月15日 ユゥ(☆)

 3月15日 シエル(☆)

       ベストアルバム2種(▽)

 

(☆)アニメイト 

全巻 バックステージパス風ステッカー

単巻 「プライベート・ヴォーカリスト@A・CHI・KO・CHI」

(☆)タワーレコード

全巻 なし

単巻 「プライベート・ヴォーカリスト@SHI・BU・YA\the sweetest!/」

(☆)ステラワース

全巻 書き下ろしショートストーリー収録小冊子

単巻 キャラクターメッセージ入りジャケットイラストL判ブロマイド

 (☆)キャラアニ.com

全巻 キャラクターメッセージ&サイン入りL判ブロマイド6枚セット

単巻 ミニキャラクター丸型ストラップ(32mm)

(☆)Rejet shop

全巻 なし

単巻 キャラクターメッセージ入りポストカード

 (@)アニメガ

単巻 書き下ろしSSカード

(@)ステラワース

 単巻 キャラクターメッセージ入りジャケットイラスト2L判ブロマイド

(▽)ステラワース

単巻 キャラクターメッセージ入りジャケットイラスト2L判ブロマイド

死ぬ

死んでしまうこんなん

アニメイトでドラマCDとベストアルバム全4枚買ったら缶バッジついてくるらしい

てかこれまとめてる時に気付いたけど200円値上がりしてない?なんで?

う~~~~~~~~~~~~~んでもこれがまた赤字になったらと考えると苦しいので軽率マンCDたくさん走るね~~~~~~~~~~~グッズはアクリル出たらまた呼んで~(アクリルしか買ってないマン)

今回のSD(個人的に)めっちゃ可愛いのでアクリル欲しい~推しはレオード(最推し)とエーダッシュとシエル。

 

ま~今回の発表会はわりと気持ち的にはハッピーだけどお財布的にはやばいことになりましたね~キョンシーも走ります(たぶん)

私リジェだけじゃなくてオトレコも毎回何かしら走ってるからもうほんとに聞いてないCDたまりすぎててやばいのでこのブログ尻たたきにして頑張る・・なんのためにCD買ってるのか見失いつつあります

今回のオトレコですか、和奇伝愛面白そうですよね、1巻聞いてないです、前回ですか、Private Tacticsです、全く聞いてないです、その前、七怪家族、全く聞い(以下略)

いい加減にして

ほんといい加減にした方がいいと思うので何とかします

ひとまず推しの食費支えるために働きつつなんとかします、

 

PsychicEmotion6 連動特典 感想

各巻感想は?って話なのはごもっともなんですけどひとまず

オトメイトレコードで一番最初にマラソン開始した作品。水瀬碧が大本命なんですけど火ノ宮も好きだなって最近気づきました。
ゲーム楽しみです!!!!!

 

※以下、ネタバレしかありませんのでご注意お願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 PsychicEmotion6 連動特典

 

f:id:frszsob10dpmbn:20160321062247j:plain

アニメイト連動特典「瑞希と司のドキドキワクワク大作戦! 惑星の王子様! 温泉へ行く!?」 (30:22)

サイトの連動特典のページのところにもSTORYとして書かれてるんですが、まぁ大まかにいえば瑞希の発明に巻き込まれるお話です。

最初、瑞希と司の会話から始まり、瑞希が何かスイッチを押した瞬間爆発音。さっきまでオレは確かにペンションエトワールの廊下を歩いていたはず。それが突然爆発音がしたかと思えば辺りが真っ白になって気付いたらなにやら古風で趣のある廊下につっ立てて…と一輝が混乱しているとそこに同じくこの状況の原因がわからない椎名と昴と合流。

昴「ひょっとすると今日の夕食当番が張り切りすぎてキッチンを爆発させたんじゃないかと思ってね、様子を見に行こうと思っていたんだけど…」
一輝「あー!誰だ!!今日の夕食当番は!!」
椎名「あなたですよ、一輝」
一輝「えっ…オレ…だっけ…?」

火ノ宮かわいい。
冒頭であ~腹減った~今日の晩飯なんだろ~的なことも言ってましたからね。作るのお前だよ

建物の雰囲気から温泉旅館であることを察し、3人はひとまず温泉へ向かう。すると温泉の中から碧が。

碧「……ゲホッ…ハァ…なんなんだいったい…」
一輝「うわっびっくりさせるんじゃねーよ!碧!」
碧「それはこっちの台詞だ。俺はただ夕食が出来るまで自分の部屋で寝てただけなのに。」
一輝「んん夕食…っ今はそれどころじゃねーだろ!!夕食のことは忘れろ!!」
碧「あ?そんなこと言われなくてもわかってる。それにしてもゲホッゲホッ…ッハァここはどこなんだ」

正直水瀬碧は喋るだけでぐっ……好き…って拳を高くあげること出来るのですごい贔屓目なのは自覚してるんですけどこの俺はただ夕食が出来るまで自分の部屋で寝てただけなのにの言い方が本当に可愛くてすごく聴いてほしい。

2人が話していると今回の主犯(?)瑞希と司も合流。2人はこのサプライズはプリンセス(=ヒロイン)の為であると話す。

司「彼女に日頃お世話になっている恩返しをしようと思って!いつも僕たちの為に頑張ってくれてるし、文句も言わずにここに住まわせてくれてるしさ!」
瑞希「それで何がいいかな~って司くんとお話して、温泉に行こう~~ってなったの☆」
碧「行こうとなったのは分かるが、なんでペンションが温泉になっちまうんだよ…」
瑞希「だってめんどくさかったんだも~ん、もちろん最初は温泉に行こうと思って色々調べたんだけどね、日本の地理ってよくわからなしし。それにね、温泉はだいたい男の子専用のお風呂っていうのと女の子専用のお風呂っていうのに分かれててね、プリンセスと一緒には入れないんだよ~」
司「そんなの嫌だもんねー!」
瑞希「ねー!」

ってことでペンションを温泉旅館にしたとのことです。特典CDだからいろいろ気にしたら負けです。

しかし碧ははぁ…けど今アイツはここにいないぞとヒロインが不在であることを2人に伝える。一輝もあいつなら買い物に行ってるなとそれに続く。

ここほんと萌えじゃない?夕食が出来るまで自分の部屋にいるとか言ってたのにちゃんとヒロインがどこに行ったかとかは把握してるんだよ萌えじゃない?何で知ってるのか聞いたら別に、たまたま知ってただけだしとか言いそうだけど絶対気にはしてたよねは~~~~?!萌える~~~~~~~?!!!!!!

肩を落とす2人だがどうせならあれを試してみようよ!と同じく発明品の入浴剤を取り出す。それを見た碧は嫌な予感しかしないと拒否。しかしそんな碧の抵抗も虚しく入浴剤の最初の餌食に。その後も様々な入浴剤の効果を試すが昴→一輝&司→椎名と犠牲に。

①犠牲者:碧
瑞希「バイバイ、碧ちゃん」
碧「う、うわああああああああああ」

 

②犠牲者:昴
昴「あっ…」
椎名「ん?どうかしたんですか?」
昴「熱いって言ってる…」
椎名「…は?」

 

③犠牲者:一輝&司
一輝「瑞希さん?!突然押さないでくださいまし?!いったいなんですの?!」
司「急に掴むんですもの、驚きましたわ!」
一輝&司「「あらやだ」」

 

④犠牲者:椎名
椎名「…っこ、この氷は…碧!…おかげで助かりました…ありがとうございます」
碧「別に助けたわけじゃないから礼なんていらない」

詳しくは聞いてみてくださいなんかほんと凄かった

そして最後は復讐とばかりに全部の入浴剤を入れた風呂に瑞希を入れたがその時ちょうどペンションが元の姿に戻る時間となり、入浴剤の力と元に戻ろうとする力が相乗効果で力を増し、すごい音と共に崩れ落ちたがなんとか元のペンションに。しかしお風呂にはまだ入浴剤の力が残っていた。そんな中ヒロインが帰宅。風呂場にヒロインを近づけないようにするためひとまず椎名と昴が足止めに行くが、帰宅途中雨に降られてしまったヒロインは風呂場に向かおうとする。必死に足止めをしていた2人だがそんな時風呂場から爆発音が。その音を聴いたヒロインはすぐさま風呂場へ向かい4人に事情を聞く。

一輝「……おい…これはまずいぞ…あいつの背中からじわじわと怒りの炎が見える…」
司「ここはひとまず皆謝っておこうよ」
碧「なんで俺まで…!」
司「こういうときは連帯責任っていうやつだよ…!」

そしてヒロインにごめんなさいをして風呂場を掃除して問題は解決(?)。夕飯にしようとなったもののもちろん夕食当番を忘れていた一輝が用意しているはずもなかったのでヒロインが代わりに作ってくれて終わり。

いろいろ動揺はすごかったけど面白かったです。あと水瀬碧の言葉の言い方がいちいち可愛くてほんとどうしようかと思いました。シチュエーションCDでは1人ずつだったけどこの連動では6人の会話が聴けて色んな関係性が見えたのでそれもすごくよかったです。面白かった。個人的にいつも瑞希の実験台にされる碧っていう事実がすごく可愛くて(?)好きです。

 

ステラワース 連動購入特典 小冊子

こっちは攻略対象キャラ×ヒロインの個々のお話です。テーマは「クリスマス」でした。1人約3ページぐらいです。付き合っている2人(おそらくですが)なので甘さの程度で言えばけっこうあった方だと思います。個々がヒロインに喜んでもらうためにプレゼントを用意して渡すんですが渡すものも用意の仕方もそれぞれに個性が出ててめちゃくちゃ萌えたし可愛かったです。

 

 

ディア♡ヴォーカリスト エントリーNo.1 レオード 感想

 

そういえばなんで全力少年達のおうたから始めたかっていうと去年の9月くらいの書きかけの感想が残ってたからですね。

残りのシリーズもちゃんともう一回聴いて書きます。

今回は前のと同じくRejetCDマラソンの1つ。2015年10月から始まってるやつ。今月で完走。なんかこれも気づいたらアニメイトタワーレコード・ステラワースで3レース予約してた。びっくり。

この作品は個人的にファンへの対応と彼女(ヒロイン)への対応のギャップを楽しむものだと思って聴いてます。後公式がすげー「こいつらクズ!こいつらクズ!」っていうから覚悟してたのに未だにどの辺がクズなのかあんまりよくわかってない

 ※以下、ネタバレしかありませんのでご注意お願いします。

 

 

 

 

 

 

 ディア♡ヴォーカリスト エントリーNo.1 レオード

 

f:id:frszsob10dpmbn:20160321020032j:plain

レオード(CV.増田俊樹
「LUMIERE(ルミエール)」のボーカル。ファンの前では王子様的なキャラだが彼女の前では甘えっ子。反則級の可愛さ

Track① ヒヤシンス 歌

 

Track② Dear Innocence 歌

 

Track③ カリスマの素顔 (8:30) ドラマパート

ライブ終わりのシチュエーション。

ライブ中、スタッフがミスをしたらしく怒っていたレオードだが彼女の姿を見つけると駆け寄り、耳元で一緒に来いと言い、手を引き楽屋へ向かう。この一緒に来いの言い方めっちゃ良くて大拍手。

初めて聴いたときは前情報なしに聴いていたのでまさか甘えっ子だなんて思ってないしこの後絶対楽屋で八つ当たりされるって思ってましたごめんなさい。

楽屋入ってまず何言われるのかと思ってたら

「は~・・ちょ~疲れた~・・ん?いいだろ?ようやく2人っきりになれたんだし、しばらくこのまま抱きしめさせて」

かわいい
※この時点でこの子を疑うことをやめた。

彼女がさっきレオードが怒っていた事について尋ねるとスタッフが機材トラブルを起こし予定と違う段取りになったと話すがオレらは最高の音楽やってんのに、ってちょーイラついてたんだけど。お前の顔見てたらもうどうでもよくなってきたと彼女を抱きしめ続ける。彼女が離れようとすると耳に息ふきかけたりしてちょっかい出す。

どうでもよくはないと思うけどかわいい
彼女大好きっ子ほんと好き。かわいい。

立ってられなくなる前に座る?となり、座るのだがおそらく彼女がレオードの前か横に座ろうとしたところ

「そこじゃないだろお前の定位置は・・俺の膝の上だってば。も~いつになったらわかってくれんの?・・・はーい文句は受け付けませーんってか聞こえなーい。ねぇねぇ、そんなことより、ご褒美、ちょうだい?」

この時点でかわいいって言葉が自分の中でゲシュタルト崩壊してた。あとここのちょうだい?の言い方が本当に素晴らしくて事務所に金一封送ろうって思った。

そしてこの後レオードの色んな要求に彼女が応えていくって感じです。途中で謝りにきたスタッフに彼女に甘えてる自分の姿見られそうになって慌てて取り繕うシーンがあっておそらく態度を変えることについて彼女が質問したと思うんですがそれの返答が

「・・だってそりゃなんつーか俺もプロのヴォーカリストだし?イメージとかあるし。お前にしか見せないって決めてるからいーの」

お前にしか見せない(嗚咽)

謝りにきたスタッフのせいでイライラ復活したーとのことでご褒美もう一回ちょうだいという流れになりフェードアウトご褒美がどんなものなのかは実際聴いてみてくださいほんとかわいいずるい。1つだけいうなら

「ごめん・・今日あんまり優しく出来ないかもしんない」

というセリフからすべてを察してほしい。そういえばここの言い方も最高オブ最高だったのでそうだ、金一封送ろう。

※場所が楽屋である件はレオードと彼女が可愛いので許されます。

ここで気付くまだドラマパート1トラック目という事実。

 

Track④ 今すぐ食べたい (9:18) ドラマパート

レコーディングの合間の休憩時間

メンバーとの衝突があり少しイライラしてたレオードだけど休憩中に今日は来ないはずだった彼女の姿を見つけすぐに駆け寄る。ルミエールのみんなにと手作りの差し入れを持ってきた彼女だがレオードは他の奴らの分とかいらないし、全部オレが食べるから。いいだろ~オレ腹減ってんのと彼女の手を引っ張り控室へ連れていく。

ありがとう独占欲

控室でさっそく差し入れを食べようとするがその前に今日会えると思ってなかったから来てくれてすげー嬉しい。ありがとうとキス。

Rejetなのにいい子すぎて現実なのか分からなくなり何回かリピートした

その後意気揚々と差し入れをあけるんだけどそれも

「ね!これあけていい?オレの予想だけど中身はケーキだろ?違う?」
「やった~!当たり!ほらな~なんとなくケーキじゃないかなーって思ってたんだ!お前ってオレが食いたいな~って思ってるものちゃ~んと分かってるんだもん。さっすが~!」

えっと天使かな?

食べさせて~!とか食べさせてあげる!とかのくだりがあり彼女が照れていると何~その顔?照れてんの?この程度で?ふ~ん・・昨日の夜、あんなすごいことしちゃったくせに?と追い打ち

私それ知らないんですけど何したんですかね????????????????

彼女が自分に会うためにオシャレしてきたことに、気付きいちごのケーキも好きだけどやっぱお前のが好き、ちょー好きとキス

レオードも彼女も可愛すぎだろ~…このちょー好きの小声最高でした!

レオードからのキスが止まらず彼女が恥ずかしくて耐えれなくなったのかレコーディングの事を聞くとそろそろスタジオに戻る時間ということになるのだが、休憩前にメンバーに言い過ぎてしまったのではと少し落ちこむレオード。でもそれも最高の音楽を作るための行動だからとメンバーと話し合う決意をし、スタジオへと戻る。だけどその前に彼女に終わるまでここにいてとお願い。

「でさ、戻ってきたらさっきの続きしよ?残りのケーキも食いながら・・いいだろ?」
「ほーら、返事は?・・うん。それならオレちょーがんばる」

最高かよ

そしてレコーディングへと向かうレオードを見送って終わり…何したんですかね??????????????????????この2人には健全なお付き合いしてほしいんでそういう描写を強く求めてるわけじゃないですけどそれでも気になりますよね~…何したんですかね????????????????

そういえばメンバーとの言い合いの中でこんな底辺クオリティじゃシエルに絶対勝てない。言っただろ、フレマのやつらも明日からレコーディングだって!ってセリフがあったんですがレオードがシエルに対して競争心?があるみたい設定ありましたっけ…。たまーーーーーにツイッター覗くんですがそれだとシエルとレオード仲良かった記憶あるんですが… 

 

Track⑤ 特別な夜に (10:16)

ライブ前日の夜

レオードから今からちょっと出れる?お前に見せたいものがあるんだと電話があり、迎えにきてくれたレオードと共に来た場所は明日するライブの会場。設営終わりにスタッフから借りたカードキーを使い中に入ることに。ステージへ向かうとレオードは明日の夜にはこの客席がミネット達でいっぱいになるんだ。想像しただけで最高の気分と胸を高鳴らせつつも明日のライブでミネット全員に最高の歌聴かせてやらないと。そんで次はここよりもーっと大きいとこでやりたい。と目標を聞かせてくれる。

ほんといい子だよね……誰だよクズとかいったやつ…

また彼女に

「どんだけハコが大きくても、客でいっぱいでも、オレはお前の事一発で見つける自信あるよ。オレにとってお前はそれぐらい特別な子だって事。わかってる?」

と尋ねる。

オオオオ……(言葉にならない)
お前の事一発で見つける自信あるって実際見つけれるかどうかが問題じゃないんですよね………それぐらい特別な子って言葉にしてくれたことに大拍手

そこで少しイチャイチャしてると徘徊中の警備員の足音が近づいてくる。まぁ関係者なので見つかっても特別問題ではないが面倒なことには変わりないので隠れることに。隠れながらもイチャイチャしてくるする。警備員の気配がなくなり、再び2人っきりの時間になってイチャイチャしてた流れでお?マジか?ここで進むか?お?となりましたが明日お前のために歌うから。このステージの上から絶対お前のこと見つける。最高の歌聴かせてやるから絶対最後まで聴いてて。いい?…うん、約束だとキス。明日リハ入り早いんだけどまだ帰りたくないな~どうしよ。あっねえ、今夜お前ん家泊まってもいい?と彼女に聞き、オッケーをもらうと意気揚々とじゃぁ速攻で帰ろう!ほら行こ!と彼女の手を引きライブ会場を後にして終わり…

終始かわいかった
彼女が一番大好きって気持ちがすごく伝わってきてこっちも幸せでしたありがとう…

 

Track⑥ キャストトーク (4:55)

最近キャストトーク聴けない病患ってるので聴いてませんがおそらく増田俊樹は可愛いです。

 

総評

今回、もうすでに付き合ってるところからスタートしている作品だったので甘めの作品だな~と思いました。ストーリーがどうかとかはその辺に置いといてすごく個人的には大満足なんですが出来れば2人が付き合う前、というかどういう経緯で出会ってどこに惹かれて付き合うようになった~とかのお話が見てみたいかな…。ところでアニメイトの2巻連動のレオードVSモモチのCDはあれはお互い彼女と付き合う前の話ってことでいいんですかね…何回か聴きましたが未だにあのCDをどういうスタンスで聴けばいいのかわかってません。この感想もいずれ。

 

特典

単巻特典はアニメイトは「プライベート・ヴォーカリスト@O・U・CHI!!」(13:51)、タワーレコードは「プライベート・ヴォーカリスト@SI・BU・YA!!」(11:11)、ステラワースはSSペーパーと結構豊富でした。


まずプライベート・ヴォーカリスト@O・U・CHI!!ですがまぁお家デートでイチャイチャしたりレオードがツアーのパンフの撮影で5日間ほど地方へ行くから会えなくなるの寂しいからついてきてっておねだりされたりイチャイチャしたりイチャイチャしたりしてます。かわいい。特に好きなのは

「ねぇ名前呼んでくんない?オレお前から名前で呼ばれんのすげー好きなんだ。名前で呼んでくるやつなんてたっくさんいるけど、つかメンバーもスタッフもミネット達も名前で呼んでくれるけど、特別だなって思えるのはお前だけだから」

のシーンです。

どんだけ特別なんだよほんと好きだな

プライベート・ヴォーカリスト@SI・BU・YA!!は渋谷デート。服屋さんに行きます。次のライブで着てくる服をレオードがプレゼントすることになり、彼女に似合う服を探す。

「なぁあれなんかどう?あそこのマネキンが着てるやつ。お前に似合いそう。…あーって思ったけどやっぱダメ。あれじゃスカート短すぎだし。…そーだよ、お前な、あんなの着てて知らない男に絡まれたりしたらどーすんだよ。お前可愛いし、ただでさえ心配なんだから。…笑うな、とにかくだーめ」

過保護最高にかわいい

結局服が見つかり彼女は試着室へ。この試着室でイチャイチャしたりもします。うん。試着室で。最後は美味しいものでも食べ行こっかとなり終わり。

どっちも本編CDを買えばタダでついてくるCDなのにボリュームも甘さもあって大満足でした。

ステラワースのSSペーパーは「とある土曜日の夜の横浜デート」

 馬車道駅の近くの薄暗い地下パーキングに車を停めた。カノジョが助手席から降りてくるなり、すかさず手を取る。一瞬驚いた顔を見せつつも、にっこり微笑みかけてきたのを見て、思わずその場で抱きしめそうになった。そんな自分に思わず一人で苦笑いする。これから明日の夜まで、ずっとずっと一緒にいられるのに。

彼女もレオードも可愛くて大満足です。買って損はしてないです。

全てが思ってた数倍可愛くて最高だったので大勝利でしたありがとうございました。