読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S

広い心

ディア♡ヴォーカリスト エントリーNo.1 レオード 感想

 

そういえばなんで全力少年達のおうたから始めたかっていうと去年の9月くらいの書きかけの感想が残ってたからですね。

残りのシリーズもちゃんともう一回聴いて書きます。

今回は前のと同じくRejetCDマラソンの1つ。2015年10月から始まってるやつ。今月で完走。なんかこれも気づいたらアニメイトタワーレコード・ステラワースで3レース予約してた。びっくり。

この作品は個人的にファンへの対応と彼女(ヒロイン)への対応のギャップを楽しむものだと思って聴いてます。後公式がすげー「こいつらクズ!こいつらクズ!」っていうから覚悟してたのに未だにどの辺がクズなのかあんまりよくわかってない

 ※以下、ネタバレしかありませんのでご注意お願いします。

 

 

 

 

 

 

 ディア♡ヴォーカリスト エントリーNo.1 レオード

 

f:id:frszsob10dpmbn:20160321020032j:plain

レオード(CV.増田俊樹
「LUMIERE(ルミエール)」のボーカル。ファンの前では王子様的なキャラだが彼女の前では甘えっ子。反則級の可愛さ

Track① ヒヤシンス 歌

 

Track② Dear Innocence 歌

 

Track③ カリスマの素顔 (8:30) ドラマパート

ライブ終わりのシチュエーション。

ライブ中、スタッフがミスをしたらしく怒っていたレオードだが彼女の姿を見つけると駆け寄り、耳元で一緒に来いと言い、手を引き楽屋へ向かう。この一緒に来いの言い方めっちゃ良くて大拍手。

初めて聴いたときは前情報なしに聴いていたのでまさか甘えっ子だなんて思ってないしこの後絶対楽屋で八つ当たりされるって思ってましたごめんなさい。

楽屋入ってまず何言われるのかと思ってたら

「は~・・ちょ~疲れた~・・ん?いいだろ?ようやく2人っきりになれたんだし、しばらくこのまま抱きしめさせて」

かわいい
※この時点でこの子を疑うことをやめた。

彼女がさっきレオードが怒っていた事について尋ねるとスタッフが機材トラブルを起こし予定と違う段取りになったと話すがオレらは最高の音楽やってんのに、ってちょーイラついてたんだけど。お前の顔見てたらもうどうでもよくなってきたと彼女を抱きしめ続ける。彼女が離れようとすると耳に息ふきかけたりしてちょっかい出す。

どうでもよくはないと思うけどかわいい
彼女大好きっ子ほんと好き。かわいい。

立ってられなくなる前に座る?となり、座るのだがおそらく彼女がレオードの前か横に座ろうとしたところ

「そこじゃないだろお前の定位置は・・俺の膝の上だってば。も~いつになったらわかってくれんの?・・・はーい文句は受け付けませーんってか聞こえなーい。ねぇねぇ、そんなことより、ご褒美、ちょうだい?」

この時点でかわいいって言葉が自分の中でゲシュタルト崩壊してた。あとここのちょうだい?の言い方が本当に素晴らしくて事務所に金一封送ろうって思った。

そしてこの後レオードの色んな要求に彼女が応えていくって感じです。途中で謝りにきたスタッフに彼女に甘えてる自分の姿見られそうになって慌てて取り繕うシーンがあっておそらく態度を変えることについて彼女が質問したと思うんですがそれの返答が

「・・だってそりゃなんつーか俺もプロのヴォーカリストだし?イメージとかあるし。お前にしか見せないって決めてるからいーの」

お前にしか見せない(嗚咽)

謝りにきたスタッフのせいでイライラ復活したーとのことでご褒美もう一回ちょうだいという流れになりフェードアウトご褒美がどんなものなのかは実際聴いてみてくださいほんとかわいいずるい。1つだけいうなら

「ごめん・・今日あんまり優しく出来ないかもしんない」

というセリフからすべてを察してほしい。そういえばここの言い方も最高オブ最高だったのでそうだ、金一封送ろう。

※場所が楽屋である件はレオードと彼女が可愛いので許されます。

ここで気付くまだドラマパート1トラック目という事実。

 

Track④ 今すぐ食べたい (9:18) ドラマパート

レコーディングの合間の休憩時間

メンバーとの衝突があり少しイライラしてたレオードだけど休憩中に今日は来ないはずだった彼女の姿を見つけすぐに駆け寄る。ルミエールのみんなにと手作りの差し入れを持ってきた彼女だがレオードは他の奴らの分とかいらないし、全部オレが食べるから。いいだろ~オレ腹減ってんのと彼女の手を引っ張り控室へ連れていく。

ありがとう独占欲

控室でさっそく差し入れを食べようとするがその前に今日会えると思ってなかったから来てくれてすげー嬉しい。ありがとうとキス。

Rejetなのにいい子すぎて現実なのか分からなくなり何回かリピートした

その後意気揚々と差し入れをあけるんだけどそれも

「ね!これあけていい?オレの予想だけど中身はケーキだろ?違う?」
「やった~!当たり!ほらな~なんとなくケーキじゃないかなーって思ってたんだ!お前ってオレが食いたいな~って思ってるものちゃ~んと分かってるんだもん。さっすが~!」

えっと天使かな?

食べさせて~!とか食べさせてあげる!とかのくだりがあり彼女が照れていると何~その顔?照れてんの?この程度で?ふ~ん・・昨日の夜、あんなすごいことしちゃったくせに?と追い打ち

私それ知らないんですけど何したんですかね????????????????

彼女が自分に会うためにオシャレしてきたことに、気付きいちごのケーキも好きだけどやっぱお前のが好き、ちょー好きとキス

レオードも彼女も可愛すぎだろ~…このちょー好きの小声最高でした!

レオードからのキスが止まらず彼女が恥ずかしくて耐えれなくなったのかレコーディングの事を聞くとそろそろスタジオに戻る時間ということになるのだが、休憩前にメンバーに言い過ぎてしまったのではと少し落ちこむレオード。でもそれも最高の音楽を作るための行動だからとメンバーと話し合う決意をし、スタジオへと戻る。だけどその前に彼女に終わるまでここにいてとお願い。

「でさ、戻ってきたらさっきの続きしよ?残りのケーキも食いながら・・いいだろ?」
「ほーら、返事は?・・うん。それならオレちょーがんばる」

最高かよ

そしてレコーディングへと向かうレオードを見送って終わり…何したんですかね??????????????????????この2人には健全なお付き合いしてほしいんでそういう描写を強く求めてるわけじゃないですけどそれでも気になりますよね~…何したんですかね????????????????

そういえばメンバーとの言い合いの中でこんな底辺クオリティじゃシエルに絶対勝てない。言っただろ、フレマのやつらも明日からレコーディングだって!ってセリフがあったんですがレオードがシエルに対して競争心?があるみたい設定ありましたっけ…。たまーーーーーにツイッター覗くんですがそれだとシエルとレオード仲良かった記憶あるんですが… 

 

Track⑤ 特別な夜に (10:16)

ライブ前日の夜

レオードから今からちょっと出れる?お前に見せたいものがあるんだと電話があり、迎えにきてくれたレオードと共に来た場所は明日するライブの会場。設営終わりにスタッフから借りたカードキーを使い中に入ることに。ステージへ向かうとレオードは明日の夜にはこの客席がミネット達でいっぱいになるんだ。想像しただけで最高の気分と胸を高鳴らせつつも明日のライブでミネット全員に最高の歌聴かせてやらないと。そんで次はここよりもーっと大きいとこでやりたい。と目標を聞かせてくれる。

ほんといい子だよね……誰だよクズとかいったやつ…

また彼女に

「どんだけハコが大きくても、客でいっぱいでも、オレはお前の事一発で見つける自信あるよ。オレにとってお前はそれぐらい特別な子だって事。わかってる?」

と尋ねる。

オオオオ……(言葉にならない)
お前の事一発で見つける自信あるって実際見つけれるかどうかが問題じゃないんですよね………それぐらい特別な子って言葉にしてくれたことに大拍手

そこで少しイチャイチャしてると徘徊中の警備員の足音が近づいてくる。まぁ関係者なので見つかっても特別問題ではないが面倒なことには変わりないので隠れることに。隠れながらもイチャイチャしてくるする。警備員の気配がなくなり、再び2人っきりの時間になってイチャイチャしてた流れでお?マジか?ここで進むか?お?となりましたが明日お前のために歌うから。このステージの上から絶対お前のこと見つける。最高の歌聴かせてやるから絶対最後まで聴いてて。いい?…うん、約束だとキス。明日リハ入り早いんだけどまだ帰りたくないな~どうしよ。あっねえ、今夜お前ん家泊まってもいい?と彼女に聞き、オッケーをもらうと意気揚々とじゃぁ速攻で帰ろう!ほら行こ!と彼女の手を引きライブ会場を後にして終わり…

終始かわいかった
彼女が一番大好きって気持ちがすごく伝わってきてこっちも幸せでしたありがとう…

 

Track⑥ キャストトーク (4:55)

最近キャストトーク聴けない病患ってるので聴いてませんがおそらく増田俊樹は可愛いです。

 

総評

今回、もうすでに付き合ってるところからスタートしている作品だったので甘めの作品だな~と思いました。ストーリーがどうかとかはその辺に置いといてすごく個人的には大満足なんですが出来れば2人が付き合う前、というかどういう経緯で出会ってどこに惹かれて付き合うようになった~とかのお話が見てみたいかな…。ところでアニメイトの2巻連動のレオードVSモモチのCDはあれはお互い彼女と付き合う前の話ってことでいいんですかね…何回か聴きましたが未だにあのCDをどういうスタンスで聴けばいいのかわかってません。この感想もいずれ。

 

特典

単巻特典はアニメイトは「プライベート・ヴォーカリスト@O・U・CHI!!」(13:51)、タワーレコードは「プライベート・ヴォーカリスト@SI・BU・YA!!」(11:11)、ステラワースはSSペーパーと結構豊富でした。


まずプライベート・ヴォーカリスト@O・U・CHI!!ですがまぁお家デートでイチャイチャしたりレオードがツアーのパンフの撮影で5日間ほど地方へ行くから会えなくなるの寂しいからついてきてっておねだりされたりイチャイチャしたりイチャイチャしたりしてます。かわいい。特に好きなのは

「ねぇ名前呼んでくんない?オレお前から名前で呼ばれんのすげー好きなんだ。名前で呼んでくるやつなんてたっくさんいるけど、つかメンバーもスタッフもミネット達も名前で呼んでくれるけど、特別だなって思えるのはお前だけだから」

のシーンです。

どんだけ特別なんだよほんと好きだな

プライベート・ヴォーカリスト@SI・BU・YA!!は渋谷デート。服屋さんに行きます。次のライブで着てくる服をレオードがプレゼントすることになり、彼女に似合う服を探す。

「なぁあれなんかどう?あそこのマネキンが着てるやつ。お前に似合いそう。…あーって思ったけどやっぱダメ。あれじゃスカート短すぎだし。…そーだよ、お前な、あんなの着てて知らない男に絡まれたりしたらどーすんだよ。お前可愛いし、ただでさえ心配なんだから。…笑うな、とにかくだーめ」

過保護最高にかわいい

結局服が見つかり彼女は試着室へ。この試着室でイチャイチャしたりもします。うん。試着室で。最後は美味しいものでも食べ行こっかとなり終わり。

どっちも本編CDを買えばタダでついてくるCDなのにボリュームも甘さもあって大満足でした。

ステラワースのSSペーパーは「とある土曜日の夜の横浜デート」

 馬車道駅の近くの薄暗い地下パーキングに車を停めた。カノジョが助手席から降りてくるなり、すかさず手を取る。一瞬驚いた顔を見せつつも、にっこり微笑みかけてきたのを見て、思わずその場で抱きしめそうになった。そんな自分に思わず一人で苦笑いする。これから明日の夜まで、ずっとずっと一緒にいられるのに。

彼女もレオードも可愛くて大満足です。買って損はしてないです。

全てが思ってた数倍可愛くて最高だったので大勝利でしたありがとうございました。