読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S

広い心

ディア♡ヴォーカリスト アニメイト2巻連動 ダブルセッションエクスタシーレオードVSモモチ編 感想

ディア♡ヴォーカリスト

この感想半年前くらいに途中まで書いてて放置してました!供養しときます!

来月からまたリジェットマラソン始まりますけどめげずに走りたいと思います!!来月からのやつは「FRESH KISS 100%」だけ走ります~タワレコは連動ないしステラワースも小冊子じゃないのでアニメイトオンリーですみそうです!!!

とか冒頭に書いてました!来月っていつの話だよFRESH KISS 100%走り終わったよ!

今回は2巻連動の特典全3種を一気に書きます~って思ったけどいざ書いてみたら量おかしいのでやっぱりわけます~このCDほんとよくわからない…

このCD最終的には「ヒロインと付き合う前の話で本編がその子と付き合った話」って思ってるけどそうなるとレオードとモモチのヒロインは同じ人…?ってなるしそう考えてるとよくわからなくなったので考えることをやめました。てか出会いの話はもっとちゃんとした話(確定)なので夢壊さないでください(威圧)

「考えるな感じろ」ってこういうことだったんだなぁ(遠い目)

 

※以下ネタバレしかありませんのでご注意お願いします。後思ったままに書いてるだけで非難してる訳ではありません。刺さないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ディア♡ヴォーカリスト アニメイト2巻連動 ダブルセッションエクスタシーレオードVSモモチ編

 

f:id:frszsob10dpmbn:20160324072647p:plain

 

ここに出てくるメイン女の子は全て「ヒロイン」と記述します~

 ダブルセッションエクスタシー レオードVSモモチ編(12:54)

Veronicaの2ショット撮影会のシーンから始まる。ヒロインの番になりモモチの元へ向かうと

モモチ「あれ?来てくれたんだ!僕が君を忘れるわけないでしょ?すっごい初期のころからいつもライブにきてくれてるし、しかもこんな可愛い子をさ!君が来てくれたらいいな~なんて実はひそかに思ってたんだよね!」

 と大歓迎される。撮影に入ると距離感があると言われぴったりくっつくことに。そしてポーズをどうするかという話になりヒロインがモモチに任せたところ抱っこ(モモチの膝の上に乗る)はどうかと言われる

いや????なんでそうなった????

って思ってたんだけど元バイト先の後輩の話によれば2ショット撮影でお姫様抱っこしてもらえることもバンド?グループ?によってはあるみたいですね。その話によればそこではファン側からポーズの指定を出来なかったみたいなのでお姫様抱っこをしようと思ったのは向こう…ちなみにみんなにしてあげてたわけじゃないそうです(闇)

そして

モモチ「ねぇ、先に言っとくけどこれ誰にでもしてるわけじゃないよ?君だけ特別」

モモチ「見てよほら、君の事みーんな羨ましがってるみたい、どー?気分いい?」

現実でもこんな会話がなされているかは別にしてそういうことがあるんだから全然普通だったんだなぁ~~~~私だったら確実に周りの目が怖いのでやめてほしいんですが

撮影が終わっても

モモチ「なーんかこうしてると落ち着くからまだ離したくないかも、いっそこのままあんたのことお持ち帰りしちゃったり・・」

と離してくれない

この時点でリアルに撮影会とかに行ったことがない人間にはもう撮影会というものがよく分からなくなってきたのでいったいモモチは腹の中で何を考えながら発言しているのかという点について考えることにした。

 からかかれてるとでも思ってる?案外本気で言ってるかもしれないよ?と言われこの後の予定を聞かれる。嘘だろ?!と思ったけどスルーすることにした。しかしヒロインには予定があったのでそう伝えるとじゃぁ残念だけどまた今度ってことで!それじゃぁこれからも応援よろしくね~!とヒロインを離した。

ここのモモチ絶対腹の中で「はぁ?オレより優先する用事とかあるわけ?意味わかんないありえない」とか思ってるだろうな~

その後、ヒロインが歩いているとレオードと遭遇。あれ?お前確かライブでよく見る女だな?と声をかけられる。

この2文だけで突っ込みどころ満載なのいい加減にして!まず歩いているとレオードと遭遇って仮にも人気ヴォーカリストなんだからその辺歩くのやめて!あとライブでよく見る女だなって軽率にファンに話しかけないで!

ルミエールの撮影会がもうすぐ始まると言われ持っている整理券を差し出すと

レオード「探してたんだぞ!さっさと来い!整理番号1番のやつがいないってスタッフが」

モモチ「ちょっとちょっと、どういうことなのさ、あんたVeronicaのっていうかオレのファンだよね?なんでルミエールの整理券なんか持ってるわけ?」

と修羅場勃発。

どういうことなのさ(驚愕)

モモチ撮影会は?なんでこの会話に割り込んでこれたの?

ひとまずレオードがスタッフに呼ばれているからとヒロインを連れてモモチの元から離れる。モモチは追いかけようとするが自分の撮影会があるため追いかける事はできなかった。

いざレオードとの撮影会へ向かうと今回は趣向を変えてスタッフを一人もつけずにカーテンで仕切りを作り自撮りする形の撮影会だと説明を受け撮影会が始まった。

なんかここでも距離が~と言われ近づくと髪の毛に葉っぱついてると言われ取ってもらった。

葉っぱ・・・??葉っぱ・・?!?!?!

その後レオードに

レオ―ド「つか何身構えてるんだ?もしかして襲われるかもとか思ったんじゃないだろうな?他のバンドはどうか知らないけどルミエはミネット達に手を出したりしないから安心しろよ、でもまぁ個人的に好きになれば話は別だけど」

と言われる。

別じゃねーよ。

撮影の話に戻りポーズはどうするかと聞かれるとヒロインが手でハートを作りたいと提案する。

モモチの時は何も言わなかったのにレオードの時は自分から提案、しかも手でハートってヒロインちゃんレオードの方が好きだったりしない?大丈夫?

そのポーズで撮影し出来上がった写真を見るがヒロインは自分の写りが変であることを気にする。そんなヒロインに

レオード「大丈夫、お前充分可愛く撮れてるって、まぁどうしてもって言うなら撮りなおすけど」

と言ってくれる。

会話がほぼほぼ彼氏彼女のそれなんですがそれは

ヒロインがお願いすると

レオード「気にすんな、お前がいつも応援してくれてるのは知ってるし、今日だって朝早くから並んでくれたんだろ?それくらいサービスしてやる」

 やっぱりヒロインちゃんレオードの方が好きでしょ?(困惑)あとサービスの理由がまともにみえる謎~!とか思ってたら

レオード「なんならもっと特別なサービスしてやってもいいけど?なぁ、この後なんか予定あんのか?」

とか聞いてきた。

なんでここの事務所のバンドマンすぐ次の予定聞いてくんの?

前からお前と話してみたいって思ってたんだとかよくわからない口説きを受けているとカーテンが開き、ねえ~いつまでやってんの?君に聞きたいことがあるんだから早く僕と一緒にきてよとモモチ乱入

だからなんで乱入してこれんの?

ここでレオードが

「おい、今ファンイベントの最中だぞ。邪魔すんなよ。大体ベロニカだってイベント中だろ。ファンをほったらかして何やってんだ。ったくパンダに怒られるぞ」

 と私の疑問をそのままに投げかけてくれた。するとモモチは

「え~その子以外のファンをほったらかしてるのはレオくんだって同じでしょ?そもそも人のバンドのファン突然かっさらっといて、お説教なんかしないでくれない?」

 と反撃。後半部分は置いといて、まぁ口説いてたしな。せやな。

ここでモモチ、ヒロインにっていうか君さ、さっきから何ぽかーんとしてんの?と話しかける。

「そもそもベロニカのこと初期から追っかけてくれてたのに何でルミエールに乗り換えちゃったの~?僕すっごいショック」

その前にたった1人のファンが乗り換えただけでそんなになるならもうこの先絶対やっていけないよ・・・・・・・・

レオードは変な言いがかりつけるなとモモチからヒロインを引き剥がしこいつはルミエール結成時からのファンの一人なんだ。お前にどうこう言われる筋合いないんだよと火に油を注ぐ発言をする。いや空気読んで、マジで、頼むから。

それを聞いたモモチは二股かけてたってこと?!と激昂する。レオードはさすがに人聞き悪いぞと反論するがモモチの怒りは静まらず

「大体どっちも応援してますかっこはーと、みたいなのがファンとして一番信用出来ないじゃん!!・・はぁ~あ、ほんと君にはがっかりしちゃったよ。でもね、今回だけ特別許してあげてもいいよ。今すぐルミエールときっぱり縁を切って、今後はベロニカ一筋にするってこの場で宣言してよ。ど~お?簡単でしょ~?」

と提案してくる。

なんでこの子にここまで必死なの?この子バンド業界を支えてる大富豪とかなのかな?

するとレオードが

「おいモモチ、さっきから黙って聞いてればお前バカじゃないのか?こいつが俺のファンやめる訳ないだろ。こいつはな、インディーズの時から俺らを応援してくれてる気合い入ったミネットなんだよ。ベロニカのチャラチャラしたファンとは違うんだ!」

 とまたも火に油を注ぐ発言をかます。バカじゃないのか?まではよかったんだ。問題はそこからだ。いい加減にしてくれ

ここからレオードとモモチの言い合いが始まるが、なんとレオードはルミエールのサウンドがどれだけ良いかモモチに言ってやれよとヒロインを巻き込んでくる。やめて~

ただ私の気持ちもいざ知らずレオードの要求に素直に答えちゃったヒロインは・・っだろ?!さっすが!お前なら分かってくれると思ってたんだよ。これからもルミエールの応援よろしくな!マジで、頼むよ!と感謝され頬にキスをされる。

これにはモモチも頭にきたみたいで過剰サービスだから社長に言いつけてやると叫ぶもののレオードは好きにすればいいと強気に出る。

レオードが一番好きな人間だからあれだけどなんかモモチ可哀想になってきた・・・どう考えてもこのバンド業界支えてる大富豪ヒロイン(確定)はレオードの方が好きそうなんだもん・・

じゃぁ僕も好きにするからとモモチはヒロインに近づき、あんたってほんとわかってないね~歌ならレオードなんかより俺の方が絶対上手いのに。それに・・キスだって俺の方が絶対上手いよ?と口にキス

レオードは慌ててお前こそファンサ過剰だろ?!と言い寄るがモモチはやられたからやり返しただけだよと言ってのける。

いや、ずっとやられてるのはヒロインなんですが

結局ヒロインがどっちかを選ぶまでは納得できないという結論に至り、2人がどっちを選ぶんだと迫ってきてフェードアウト。

仕事(ファンイベント)戻らないの?

 

総評

いや~すごかった。ディア♡ヴォーカリストもRejetだったなぁ!と思い知らされました。

このCDはどういうスタンスで聴けばいいのか1年経ってもわかりませんでした。まぁでもシナリオライターに1つ質問出来るとしても「このCDはどういう意図で作られたのか」という無駄な質問はせずに「各ヴォーカリスト達はどうやって彼女と出会ったんですか」って聞きますけどね。

 

ディア♡ヴォーカリスト大好きです!